ライン

女性専門・沙羅鍼灸院

お問合せ

HOME

サイトマップ


料金

鍼灸は肩こり・腰痛に効く、ぐらいの認識の方が多いようですが、
実は鍼灸の適応症は実に多様でさまざまです。
そこで当院で鍼療する機会のあった症例の中から
いくつかご紹介したいと思います。

尚、ここでご紹介する症例の内容はすべて、
当院で実際に鍼療を行った内容であることを、ここに明記しておきます。

症例集

  • アトピー性皮膚炎001
  • アトピー性皮膚炎002
  • アトピー性皮膚炎003
  • 不妊症001
  • 不妊症002
  • 三叉神経痛001
  • 三叉神経痛002
  • 更年期障害
  • 偏頭痛
  • 五十肩
  • 脱毛症
  • 突発性難聴
  •  

    不妊症001

    主訴

    不妊症

    患者

    女性 33歳

    経過

    平成24年6月初診。
    1年前から不妊治療。タイミング療法→人工授精→体外受精→顕微授精とステップアップしてきたが、妊娠には至らなかった。2回目の顕微授精を前に鍼灸治療の併用を希望して来院。

    既往症

    子宮筋腫。平成23年に手術。

    治療

    腎虚証として、陰きょう脈の照海、足三里、関元などに置鍼。背部は反応の出ている兪穴に置鍼。膀胱兪に温灸。

    考察

    子どもを授かりたいという思いの強さが、早い段階でのステップアップに繋がったと思われる。
    週に1回の治療を続け、5回目の治療が終わった後に胚移植した。無事妊娠して、平成25年の年賀状で妊娠7か月を迎えていることを連絡してくださった。
    不妊治療でよく質問を受けるのが、鍼灸治療を受けるタイミングである。通常は週に1回程度の通院で体質改善を図っていくが、人工授精や体外受精を行う前日、もしくは当日の朝に鍼灸治療を受けて、子宮を含む体温を上げておくと成功率が上がるような印象がある。