ライン

女性専門・沙羅鍼灸院

お問合せ

HOME

サイトマップ


施術の流れ

鍼灸施術の流れ

まず、はじめに問診票に記入
していただきます。
問診票に記入
矢印
お身体の状態や、過去の
病歴などを詳しくお聞きします。
お身体の状態を問診
矢印
両手の脈を診て、脉診をします。脉診
矢印
皮膚や筋肉の状態など、
細かく観察します。
皮膚や筋肉の状態診察
矢印
経絡の反応点などを押さえて、
圧痛の有無を確かめます。
圧痛の有無を確認
矢印
お腹を押さえたりして、
腹診をします。
腹診
矢印
舌の表・裏を診て、舌診をします。舌診
矢印
鍼灸治療が始まります。鍼灸治療開始

沙羅鍼灸院で使用している色々な鍼や灸

毫針

当院で一番よく使う鍼です。 太さは髪の毛ほど、
0.14mm~0.22mmぐらいのものを
よく使用しています。

毫針

温灸

当院で一番よく使うお灸です。筒の上に艾が
乗っている「間接灸」というタイプのお灸です。

温灸

箱灸

竹の筒で作ったお灸です。

箱灸

打鍼

刺さないタイプの鍼です。

打鍼

小児はり

お子さまの治療に用います。
なでたり、さすったりして使用します。

小児はり

点灸

米粒大の皮膚に直接すえるタイプのお灸です。基本的に
皮膚にシールを貼り、その上からお灸をするので火傷や
水ぶくれの心配はありません。

点灸

棒灸

棒状のお灸を皮膚に近づけて用います。
お灸が皮膚に接することはありません。

棒灸